logo.png

Vol.01レポート前編「たくらみは、ここからはじまった」

 TAMAGAWA BREWは、二子玉川の水辺に豊かな風景を醸成する試み。「たまがわをたくらむ」を旗印に、美味しいお酒やお茶、ワクワクする遊び、 ゆったりとみんなで囲む焚き火、自然のなかで楽しめる映画や音楽などのささやかな仕掛けから、多摩川の「たくらみ」を始めようという取り組みでもあります。


 前年に開催した「FUTAKOTAMAGAWA RIVERSIDE BEER PARTY」からの実行委員である株式会社ふたこ麦麦公社、ムラハタワークスに、今回からカタリスト BA/co-lab 二子玉川や二子玉川で暮らし働く地元の人々が加わりました。共催には二子玉川エリアマネジメンツが加わっています。この実行委員会を中心に、協力やコンテンツ参加などのかたちで多くの皆さんが集まってくださいました。


 タイトル「TAMAGAWA BREW」は、ふたこビール主催の市原さんの案から採用。醸造する、お茶を淹れる、企む、混ざり合うなどの意味合いを込めました。会期は 6月1日(金)〜3日(日)の3日間。会場は前年に引き続き、多摩川河川敷の兵庫島公園です。

 

 実行委員会の願いは、二子玉川の水辺がよりオープンで豊かな集いの場として育まれていくようにというもの。このような場は、これからの社会や都市にとって潤滑油のような、とてもたいせつな機能を果たしていくことになるでしょう。その意味で、二子玉川の水辺が世界に先駆けた公共空間となっていくように繋げていきたいと考えています。

 今回のTAMAGAWA BREWの成功が、さまざまな社会、さまざまな都市にも波及していくことも願いながら。

TB_単体ロゴ.png
  • FB_アイコン_白
  • INSTA_アイコン_白

©TAMAGAWA BREW